スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L.A. ギャング ストーリー感想(ネタバレ)

L.A. ギャング ストーリー

原題:Gangster Squad
製作年:2013年
製作国:アメリカ
上映時間:113分
監督:ルーベン・フライシャー
製作:ダン・リン、ケビン・マコーミック、マイケル・タドロス
製作総指揮:ルーベン・フライシャー、ポール・リーバーマン、ブルース・バーマン
原作:ポール・リーバーマン
脚本:ウィル・ビール
撮影:ディオン・ビーブ
美術:メイハー・アーマッド
衣装:メアリー・ゾフレス
編集:アラン・ボームガーテン、ジェームズ・ハーバート
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
キャスト:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョバンニ・リビシ、マイケル・ペーニャ、ロバート・パトリック、ミレイユ・イーノス、サリバン・ステイプルトン、ホルト・マッキャラニー

あらすじ
ドラッグや銃器取引、売春で得た金を使い、警察や政治家をも意のままに操る大物ギャングのミッキー・コーエンは、自らを「神」と豪語し、ロサンゼルスを支配する。しかし、そんなコーエンを打ち破るべく、6人の警察官が立ち上がる。警察当局は一切の責任を負わないという命がけの任務に就いた6人は、警察官という素性も名前も隠し、コーエン率いるギャング組織へ戦いを挑む。(映画.comより)


48点

ゴールデンウィーク最終日に鑑賞してきました。本当は「リンカーン」を観に行ったのですが、すでに満席となっていたため、急遽こちらを観ることにしました。

ギャング映画として観るとかなり物足りない作品ですが、連休の最終日に何も考えずに観る娯楽作品としてはよかったと思います。


まず、キャストが豪華でした。
ロサンゼルスを牛耳る大物ギャングにショーン・ペン、対する警察のギャング部隊にジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、また、ギャングの情婦に「アメイジング・スパイダーマン」でグウェンを演じたエマ・ストーンなどなど、主要キャラは有名俳優で固められていました。ギャング部隊の頭脳担当キーラー巡査は最近見たなと思ったら、「テッド」の変態お父さんでした。真剣な顔をすると変態に見えてしまう罠。

1940年代後半という時代感がよく出ていて好感が持てました。
私はこの時代のアメリカがどういうものかは正確にはわかりませんが、衣装や美術から1949年が舞台だということが説得力をもって伝わりました。特に冒頭で娼館に誘拐されてしまう女の子のいかにも田舎出身風の野暮ったい服装や、グレイスのいかにもマフィアのボスの情婦風の(そして同時にスターを目指していたグレイスらしくもある)服装やメイクは、時代感があってよかったです。男どもが帽子をかぶっているのも気分ですよね。
キャストもその時代感にぴったりはまっていました。ジョシュ・ブローリンのはまりようは異常でしたね!顔立ちからして古いアメリカの男の雰囲気満点です。また、意外にライアン・ゴズリング、エマ・ストーンもはまっていましたよ。

ストーリーがテンポよく進むのもよかったです。
冒頭の衝撃的な虐殺シーンから、ラストのタイマン勝負までもたつくことなく物語が展開していきました。コミカルなシーンの配分も絶妙で、楽しく観ることができました。特に、ギャング部隊初めてのミッションがあっさり失敗して、おまけにあっさり警察に捕まるくだりなんかは愉快でしたよ。その後の脱出劇もおもしろかったです。


ただ、全体的に描写やキャラクターが薄かったです。
メインキャラクターであるジョンとミッキーに奥行きが全く感じられませんでした。この二人が一貫して善、一貫して悪なところがつまらなかったです。
細かな描写で「おっ」と思わせるところもあったにはあったのですが、そこから何か発展するわけでもなく、おしかった気がします。例えば、ラスト付近、ミッキーがギャング部隊に正面突破をかけられて逃げようとする場面で、身なりに異様に執着するところは、ミッキーの物事に対するこだわりの強さや意外に繊細なところがでていてよかったのですが、それが別のシーンとつながっているわけでもなく、ちょっとした小ネタ止まりになってしまっているのがおしかったです。ジョンにしても、仲間から「どっちが悪の組織かわかったものじゃない」と言われるシーンがせっかくあるのだから、もう少しその危うさにつっこんだ描写なり、苦悩する描写なりがあればもっとよかったのではないでしょうか。

ギャング部隊のチーム感がなかったのも残念でしたね。せっかく特訓シーンまで用意しているんだから、ケナード巡査の最期の伏線を張るだけじゃもったいないです!ギャング部隊が次第にチームとしてまとまっていく過程を描写する格好の場面なのに、あまりにももったいなさすぎるのではないでしょうか。ジョンの家の庭でみんなでごはんするシーンも、チームのメンバーでキャッキャしてるところが見たかったですね。こういうチームものは、チームのチーム感というか、仲のよさや絆が最大のキモになるわけで、その描写がおろそかになってしまうと盛り上がりもイマイチになってしまいます。もっとチームとして互いを信頼し合ったり、絆が深まったのがわかるようなシーンがほしかったですね。
最大のおしいキャラは、ラミレス巡査です。せっかく内通者っぽさをビンビン出して登場したのだから、もっと内通者なのか?とハラハラさせるか、ラミレスにしかできない派手な手柄をたてるかしてほしかったです。ラストのケナード巡査をサポートするシーンや、数年後にケナード巡査を想わせるような立派な警官になっているシーンはよかったんですけどね。


そして、最大のがっかりポイントはアクションです。何といってもラスト付近のホテルのロビーでの撃ちあい!

だっっっっさ!!!!

これはナシだと思います。1940年代感からは完全に外れるし、現代的なアクションのテイストを取り入れたにしては古臭いし。第一今時スローモーションとかどうなのよ…。
その他もこれは!と思えるようなアクションシーンはありませんでしたね。がっかりです。


その他の点は箇条書きで。
・パーカー市警本部長が一番のお気に入りキャラです。あの渋い風格に渋いお声で、熱い心を持った天の声的キャラクターなんておいしすぎますっ!
・相変わらずライアン・ゴズリング君素敵です。特に靴磨きの子が殺された後、ミッキーを殺そうとするシーンの表情が絶妙でした。
・ミッキーによる脳漿飛び散るハードなおしおきシーンの後に、生焼けハンバーグを持ってくるセンスは正直嫌いじゃない。冒頭のシーンといい、この監督は変態の匂いがしますね(もちろん褒め言葉ですよ)

いろいろ書きましたが、気楽に観れる娯楽作品としてはなかなか面白いのではないでしょうか。ジョシュ・ブローリンの渋さが最大限活用されていてうれしい作品ですよ。

スポンサーサイト
04 | 2013/05 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぞるたん

Author:ぞるたん
映画が好きです。
映画歴は短いので、旧作の知識はあまりありません。おすすめ映画ありましたら、ぜひ教えてください!

映画もブログも超初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。