スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のチョコレート工場(1971)VSチャーリーとチョコレート工場(2005)

夢のチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場

みなさん、先日のバレンタインはいかがお過ごしでしたか?
ロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」を原作に映画化した作品です。1971年版の監督はメル・スチュアート、2005年版の監督はティム・バートンが務めています。どちらも、わくわくするお菓子の世界を描いていて、楽しむことができました。
それでは比較してみましょう。


1. 主人公
原作と1971年版の主人公はチャーリーですが、2005年版はウォンカさんが主人公っぽかったです。1971年版の原題が「Willy Wonka & the Chocolate Factory」で、2005年版の原題が「Charlie and the Chocolate Factory」であることを考えるとちょっとおもしろいですね。逆じゃね?っていう。
チャーリーもウォンカさんも重要なキャラクターなので、どちらも比較してみたいと思います。

まず、チャーリーです。
1971年版も2005年版も、優しい心をもった少年というキャラクターで、大きな違いはありません。しかし、私は1971年版の方が好きですね。優しい心と正直さがありながら、子どもらしさもあって、リアリティーのあるキャラクターになっていました。対する2005年版は、書割的な「いい子」キャラでおもしろみも深みも足りないうえ、リアリティーがなく、共感もしづらかったです。顔はかわいいんですけどね。
特に、金のチケットを手に入れたシーンが気になりました。1971年版では、金のチケットが当たったチャーリーは、力いっぱいよろこんで家に帰り、すぐに工場に行くことになります。2005年版では、前々から金のチケットを欲しがっていたし、当たった時はすごくよろこぶのですが、家に帰ると、「お金になるからチケットを売ろう。」と言い出すんですね。こんなガキ嫌だ!!
1971年版は、表情豊かで好印象でした。5枚目の金のチケットが見つかったと聞いて泣いてしまったり、クラスメイトの前で自分の買ったウォンカチョコがたった2つであることを言わなくてはならなくなってブンむくれたり、金のチケットがあと1つ残っていると知って「もしや?」という表情から大喜びなどなど。いい子ではあるけれど、子どもらしさもあってよかったです。「金のチケットのせいでチョコがまずいね」が超かわいかった!

ウォンカさんも比較してみましょう。
こちらは、1971年版と2005年版では大きく異なっていました。1971年版は陽気で子どもとチョコレートが好きなおじさんでしたが、2005年版ではイカれた天才というキャラになっていました。父親との葛藤が加わった点も2005年版の特色ですね。
こちらも1971年版の方がよかったです。2005年版は、なんというか……感じ悪!2005年版くらいエキセントリックな方がバートンぽいし、ジョニー・デップが活きるというのはわかるのですが、ミステリアスなのと感じ悪いのは別だと思います。1971年版のウォンカさんは、物腰柔らかなのにいきなり言葉が通じなくなりそうな怖さがあって、振り切ったイカレキャラの2005年版ウォンカさんよりも結果的にミステリアスさがありました。

というわけで、1971年版の勝利です!


2. その他の登場人物
こちらは、2005年版がよかったです。
まず、チャーリーの家族がよかったです。特に、私はヘレナ・ボナム=カーター演じるチャーリーのお母さんが好きです。あの指が出る手袋を着けた手で、チョコのかけらをもって食べるところがかわいぃぃぃぃ!!にこにこ顔でチャーリーに誕生日プレゼント渡すところもかわいぃぃぃぃ!!
ヘレナ・ボナム=カーター
キャベツが超似合うよお母さん!ラストの衣装はちょっとアレでしたが。

1971年版では影の薄かったジョーおじいちゃん以外のおじいちゃん、おばあちゃんもよかったですね。金のチケットなんか当たるわけがないと言っていた口の悪いジョージおじいちゃん(テレビに向かってチャーリーに聞かせられないような暴言を吐く元気おじいちゃんですw)が、いざ金のチケットが当たると、チケットを換金すると言いだしたチャーリーに、ジョージおじいちゃんらしい言い方で工場見学に行くよう説得するシーンは私のお気に入りです。ジョージーナおばあちゃんも素敵でしたね。ちょっとボケてるようで、実は全部わかってるんじゃないかっていうキャラがよかったです。
チャーリー以外の子どもたちもよかったと思います。書割的キャラ設定が、ここではいい方向に作用していました。みんなつるんとした質感なのですが、それが典型的な甘やかされたクソガキキャラとマッチしていて、「うわぁ、いけ好かねぇ」という感じを増幅させてくれていました。

1971年版も悪くはなかったですよ。ジョーおじいちゃんは1971年版の方が好きです。洒落っ気があって、元気いっぱいで、前向きで、いいおじいちゃんでしたね。スラグワース(偽)が、最後にぐっと親指あげるところも好きです。

ただ、2005年の方が私の好みのキャラが多かったですね。こちらは、2005年版の勝利です!


3. ストーリー
どちらものれないところがあって、迷うところですね。

1971年版のよくないところは、チャーリーもウォンカさんのいいつけを破っておきながら、工場を譲ってもらうところですね。ウォンカさんは、チャーリーが溶けない飴を返したことで、工場を譲る人を決めるテストに合格したということになっていますが、「ふわふわドリンク」を飲んだところで降りる方法が見つかっていなかったら、ファンにバラバラにされて(そこまでいかなくても、なにがしか起こって)工場から退場パターンでしたよね。偶然大事にならなかったから謝るチャンスがあっただけで、ウォンカさんが言っていた「自分の言うことをちゃんと聞いてくれる子ども」という条件には当てはまってない気がします。ウォンカさんのいいつけに背くよう唆したジョーおじいちゃんが、ウォンカさんにキレるのもどうかと思いますしね。まずは謝りなさいよ。

2005年版は、ウォンカさんと父親のエピソードが付け加わっている点がイマイチでした。原作にない要素は付け加えるべきでないとは言いません。しかし、これは明らかに不要です。前半のわくわくするお菓子工場見学の話と、後半のウォンカさんと父親が和解する話がチグハグでつながりがないです。どうしても父親の話はとってつけたみたいになってしまって不自然だし、不要だったと思います。また、ウォンカさんの背景を父親との関係まで踏み込んで細かく描いているのに、彼の行動原理がさっぱりわからないので、ウォンカさんというキャラの魅力も目減りしています。父親から認めてもらえなくて性格がねじまがったみたいな、イカレキャラにありがちな設定に見えてしまいかねません。それよりだったら、1971年版のように背景事情には一切踏み込まず、ウォンカさんのミステリアスな魅力をそのままにしておいた方がよかったですね。

とても迷いますが、2005年版の方が、とりあえず矛盾なくまとまっていたかと思います。観たときにひっかかりが少ないのは2005年版ですね。2005年版の勝利です!


4. 音楽
2005年版の音楽は気合いが入っていましたね。ウンパ・ルンパの歌が、1つずつ曲調が違っておもしろかったです。私は、ベルーカのヒッピー調の歌が好きです。踊りも絶妙でしたね。「horrid smell」のところで、鼻をつまんでくねくねするところは最高です!


でも、私は1971年版を推したいです。なぜなら、冒頭でお菓子屋さんが歌う、「The Candyman Can」にがっちり心つかまれてしまったからです。冒頭にこの曲をもってきて、ウォンカさんやこの世界の説明をするのはいいアイデアだと思います。曲もちょっと古臭くはありますが、クラシックな味わいで素晴らしいです。ウォンカさんが歌う「Pure Imagination」も好きですね。「サウンド・オブ・ミュージック」に出てきてもおかしくないような旋律で、聞いていて心地よかったです。

というわけで、1971年版の勝利です!


5. ビジュアル
これは断然2005年版ですね。ティム・バートンのセンスが光る素晴らしいビジュアルで、楽しいお菓子の世界を描き出してくれました。

違いが際立つのは、工場内のお菓子の描写ですね。1971年版は、工場の中枢部の入口で、ウォンカさんが「ここでは見えるものはすべて食べられる」と説明するシーンがあります。しかし、その入口を入った先にあるチョコの部屋にあるものが、どうにも食べられるようには見えないんですね。あのチョコの滝のマズそうなことといったら!チョコレートファウンテンのお店にあんなチョコの滝があったら即帰宅ですよ。どう見ても色水だもの。
2005年版は、色彩の絶妙なお菓子っぽさもさることながら、質感の表現が素晴らしかったです。オーガスタスがチョコの川に溺れるシーンを見比べるとよくわかりますが、2005年版は本物のチョコレートを使ってるんじゃないかというくらい、どろっとした質感が表現されています。その他の登場人物のところでも触れましたが、チャーリー以外の子どもたちの異様につるんとした質感もよかったです。
また、2005年版は、全体的にバートンらしいおとぎ話調の世界観でした。これも私的にはツボです。街外れのチャーリーの家が、他の建物とコンセプトから丸ごと違うちぐはぐなボロ屋なのが気に入りました。傾いた小さなかわいい家ですよね。住みづらそう。ウォンカさんの父親が、ウォンカさんが家出した後、家ごとどこかに行ってしまったのも、現実味がなくてよかったです。ウォンカさんが訪ねてみると、昔の家がなにもない空き地に昔のまんま建っていて、これまた異様でしたね。そして、何といってもラスト、チョコの川のほとりにチャーリーの家があって、上から粉砂糖が雪のように降っているシーンは美しいの一言です。

1971年版にもいいところがありましたよ。チョコの部屋に入るドアが小さかったのに、通るときにはなぜか大きくなるという表現はよくできていましたね。ウォンカさんの部屋も好きです。色々な物が半分になっているのですが、ウォンカさんっぽくてなぜか納得できます。あと、1971年版の最高にイカれたシーンは、チョコの川を下っていく途中のトンネルのシーンです!あれは頭おかしいですよね。好きです。

でも、やはり2005年版のカラフルで楽しい世界の構築は飛び抜けたものがあると思います。2005年版の勝利です!


6. 総合
またしても、難しい勝負になってしまいました。
ビジュアル的には2005年版が決定的に優れているのですが、1971年版は主人公のキャラクターが魅力的で、物語にひきこまれます。

本当にどちらにするか迷いますが、バレンタインということで、観ててチョコレートが食べたくなった2005年版に軍配をあげたいと思います。

チャーリーとチョコレート工場(2005)の勝利です!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

(#^.^#)

こんにちは♪
お久しぶりです(>▽<)♪ お元気でしたか?
ご訪問いただきすっ飛んできましたよ~(笑)

バレンタインデー・・・
トミーの画像で遊び( ̄∇ ̄*)ゞ、弟が誕生日なので、
チョコチップクッキーを作って送ってあげました(#^.^#)

またいらしてくださいね~

No title

>Eveさん

お久しぶりです!お返事遅くなってすみません。

弟さんにクッキー手作り…!素敵です(><)
私は市販のチョコを自分で食べていました(笑)

コメントありがとうございます。
Eveさんのブログにもまた遊びにいきますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
10 | 2017/03 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぞるたん

Author:ぞるたん
映画が好きです。
映画歴は短いので、旧作の知識はあまりありません。おすすめ映画ありましたら、ぜひ教えてください!

映画もブログも超初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。